四季の草花を透明水彩で描く

四季の作品 教 室
大泉学園  /吉祥寺
シニアが楽しむ
の描き方

一 筆 箋

カレンダー

2018
2019
作品展
出展者   (名前をクリックしてください)


坂田 令子 藤野登美江 伊藤ひろ子 山内 明美
佐藤 静子 石川 恵子 町田 もも子
播野 朝子 李 淑妙 徳竹 良子 佐藤千夜子
古館 明代 三好 典子 國分 光子
長束瑠美子 新里 禮子 稲葉美智子
若林 和代 梶原 洋子 峯 真沙美 土屋  篤
山田夫佐子 島 久夫
太田 和子 木村 悦子 岡本 紘子 中谷 里子 安部紀久恵
豊田 陽子
おおたいくや



坂田令子 ・  藤野登美江・
伊藤ひろ子   ・山内明美



坂田令子 (大泉学園教室)

レンゲ畑 思い出す夢中に草の上を走ったころを

巣籠の時代、今の子達かわいそう。

そうミツバチが蜜を吸いに飛んでいた







坂田令子 (大泉学園教室)

    4月清水山公園に皆でカタクリを見に行った時のスケッチ

そのあとコロナ騒動で入園閉鎖。いい時に行った






藤野登美江 (大泉学園教室)

カラー  花言葉:乙女のやさしさ

梅雨時分黄色い花がスキット際立つ






藤野登美江 (大泉学園教室)

シャガ

何度もチャレンジしたけれど、毎年気になる花

今回は広幅の葉の表現がうまくいったかなと自我自賛






藤野登美江 (大泉学園教室)


明るい花を!とにかく明るい花を描きたい

家にいると「う〜と」となる。花を見ていると少し気が落ち着いた

みんな元気ですか






藤野登美江 (大泉学園教室)

今日は三密を避けて公園にフジを見がてらスケッチ

一度に描けないので何度も足を運んだ

誰とも会わなかったが、大きな蜂が耳元に飛んできた

コロナウイルスより恐怖に感じた






藤野登美江 (大泉学園教室)

デルフィニューム 大好きな花。楚々として

涼しげに 風にも揺れて






伊藤ひろ子(大泉学園駅前教室)

レウイシア 教室で習った花をゆっくり描き直してみた








伊藤ひろ子(大泉学園駅前教室)

ネモフィラ 

描いているとコロナウイルス拡散防止ステイホームも悪くない

日頃多忙な私。こんな時間は貴重。

まだ新人ですので夢中に絵に取り組んでいます






伊藤ひろ子 (大泉学園駅前教室)

春菊 上手に描けているね、と言われてにっこり

そうかしら。うまく描けてる?











山内明美 (大泉学園教室)


アジサイ (1)

毎日花の色が変わります。時間によっても

雨に濡らすと鮮やかに 初夏の暑さを和ませてくれる






山内明美 (大泉学園教室)


アジサイ(2)

同じ花なのに一株の花が紫色に変わった

七変化と言われるアジサイ正にその通りでびっくり


2020 Web作品展

TOPに戻る

次へ